歯科でホワイトニングの相談をしました
歯科でホワイトニングの相談をしました

定期的に歯科医でホワイトニング、虫歯、歯石チェックを

唾液が減ることで虫歯や口臭の原因に繋がりやすくなります。
唾液は寝ている間は分泌される量が少ないため、朝起きた時には口の中には細菌が多く発生しているものです。
そのため朝は口臭が少し気になるという方もいると思います。
歯磨きをしたり、朝食を食べたりして唾液の量が増え始めれば自然に口臭も無くなるので気にしなくても良いのですが、体調不良時やストレス、加齢、食べ物を噛む回数が少ない人、口呼吸をする人は唾液分泌量が少なくなることが多いため口臭が気になることも多くなります。
唾液の分泌量を増やすためには食べ物を良く噛むことと、水分補給です。

人と話すときには口のケアは大事と言えます。
歯の白さは健康、清潔、若いイメージを与えますし、口臭により相手に不快な思いをさせないためにも歯科医に定期的に通い、ホワイトニングで歯を白くすることや口臭の原因になる虫歯や歯周病、歯石、歯垢をチェックすることがマナーにも繋がります。
にんにくやタバコなどによる臭いを一時的に消す方法としては牛乳や緑茶が効果的とも言われています。
色の濃い食べ物やタバコなどは黄ばみの原因ですので極力避けたいものです。
歯の健康を維持するためにも、毎日の歯磨きは大切なことですが、磨き方が悪いと隙間などに食べカスが残っていたりして、歯石や虫歯、口臭の原因になってしまいますので、上手く磨けていないようでしたら歯科医で正しい歯の磨き方を教えてもらうことも大切です。

お勧めのサイト